2022 archive exhibition news

ART PLANT Collective PARTY 01

2022.7.30 PARTY
17:00>>> START

コレクティブって何だ?
Lab10周年を前に、集まることではじまる「コト」があることを共有してみる企画。
ART PLANT Collective PARTY 01

参加フリー / ドリンク・フード持ち寄り

7月30日(土)は様々なジャンルで活動するメンバーで構成するART PLANTコレクティブの前夜祭的なパーティーになればと企画しています。
コミュニティ、サロンとどう違うの?
どんな事がはじまるの?
何かが始まる・始まろうとする瞬間をパーティーにしたいと思い企画しました。
神奈川からは小瀬古文庫や、大阪・桜川で多国籍・多ジャンルのメンバーが集まるカルチャーパーティーSCPを企画しているDOORの主宰であり翻訳家のマーク、小瀬古文庫と強烈なインパクトのあるアクリル作品をコラボしたまどか株式会社、特殊箔印刷のSプリズムプリントや11色を駆使したフリーアートマガジンを印刷する有限会社サンクラール、そしてPLANTのディレクター陣であるクリエイター・ソフビ作家のロケット・ジャック、アートディレクター・映像監督の滝本章雄、ビニール袋の絵画を描き続けるペインターの中島尚志など、現在のPLANTに集まるクリエイティブに関わる展示とともに、この先に仕掛ける色々な企画や、メディアなど未來に向けてのリアルミーティングの様な場になればと思います。

繋がり・言葉を交わす事で生まれる事があります。

もしかしたら、数ヶ月後に何かを一緒に制作しているかもしれません。
そんな事をリアルに考えている人たちが集まる日になればと思います。

展覧会の情報はこちら
http://artlabomm.com/archives/apc_e1/

8月末にART Lab OMMは10周年を迎えます。
自身の作品を研究し、実験的なアプローチも含めまずカタチにしていく場として作品を制作しているクリエイターやアーティストたちのラボラトリーの様な場を10年前に企画しました。
代表の滝本章雄(JAMWORKS(Art Yard))が当初から自身がアートディレクションや企画、映像で関わるクライアントワーク案件に積極的にアートワークを組み合わせた制作を提案し、実践的な実験・実験的な実践の場として運営してきました。

クリエイターであり、ソフビ作家のロケット・ジャック、研究員プログラムも経験しているペインターの中島尚志が運営メンバーに加わり現在の体制になり、より実践的なアプローチが可能になり、そして仕事やアートの現場で出会って来た面白い方々が一緒に何かを制作する環境が整ってきました。

活動しているジャンルは別でも、各々の目標に向かう為に共有できる事があります。
各自が独立しているからこそ出来るチームが組みやすい場作りのひとつとしてコレクティブ(=集団)としてのプロジェクトをスタートします。

ここに集まる作家・クリエイターたちとアートワークを必要とする方々とが同じ何かを共有し、制作チームとしての共闘を意識出来る関係を築く事が10周年からの目標になります。

-2022, archive, exhibition, news

© 2022 ART Lab OMM/PLANT